トップページ >

理念・組織・事業

目黒区社会福祉協議会(めぐろ社協)ってなんだろう?

地域福祉の推進役!

 目黒区社会福祉協議会(めぐろ社協)は、社会福祉法により「地域福祉の推進役」として位置づけられた、社会福祉法人(民間団体)です。
 区民の皆さんや福祉関係者(団体)、行政機関等と協働してきめ細かく福祉課題に取り組み、地域福祉の核として活動しています。

区民の皆さん一人ひとりが、地域福祉推進の主役です!

 めぐろ社協は、様々な事業を通して、「区民一人ひとりをお互いに大切にする支え合いのまちづくり」を進めていきます。
 そのためには、区民の皆さんの支え合いと協力が不可欠です。一緒に「福祉のまち・めぐろ」を実現しましょう。

めぐろ社協はどんなことをしているの? 「基本目標」

1 人と人、人と地域をつなぎます

 地域福祉を充実するためには、地域住民が、福祉活動に主体的に参加していくことが求められています。そして、地域住民が、お互いにつながり、参加していくことが地域の福祉を充実させることにつながります。
 社協は、地域のネットワーク化を図るとともに、地域住民が主体となった新たな支え合いの仕組みの整備に努めます。

2 区民一人ひとりに寄り添った支援を行います

 一人ひとりが抱えている生活課題は様々です。
 社協は地域の中で誰もが地域社会の一員として尊厳を持った生活が送れるよう、新たな事業に取組むとともに公的な福祉制度では対応しにくい分野で福祉サービスを提供をすることにより、一人ひとりの立場に立った支援を推進します。

3 地域の期待に応える体制づくりをめざします

 社会の変化に即応するためには、社協の基盤整備が大切です。
 経営の効率化や人材育成を図り、経営整備に努めるとともに、身近な福祉団体として、さらなる賛同と協力が得られるよう取り組みます。

めぐろ社協は、どのように運営されているの? 「財源」

 めぐろ社協は、下記の財源によって運営されています。

  • 会員が納入する会費=「社協会員会費」
  • 寄付金
  • 歳末たすけあい・地域福祉募金、赤い羽根共同募金の配分金
  • 区からの補助金・委託金

なかでも、社協会員会費及び寄付金は、めぐろ社協を運営する上で貴重な財源となっております。
 詳しくは、こちらをご覧ください。

めぐろ社協のしくみ 「組織図」

イラスト:組織図(各センターページへのマップリンクを含む) 南部包括支援センターページへリンク 権利擁護センター「めぐろ」ページへリンク 在宅福祉サービスセンターページへリンク ファミリーサポートセンターページへリンク 障害福祉サービスセンターページへリンク めぐろボランティア・区民活動センターページへリンク

地域で活動したい

学びたい・調べたい

便利なサービス

相談したい

てってちゃんについて

社協会員募集・寄付のお願い

ミニデイ・ふれあいサロン子育てサロン「参加しませんか(ボランティアも募集中)」